デリヘル店で働くスタッフと女の子の笑える愚痴

お客は可愛いって接するデリヘル嬢を取扱うスタッフはかなり大変なんです、デリヘル嬢の生態系を話しますw

*

デリヘル嬢の愚痴で送迎スタッフが被害者となる

デリヘル嬢の愚痴で送迎スタッフが被害者となる風俗を利用する男性客は納得の女性が案内されたら喜ぶし、ブスやデブなど想定以下のレベルの女の子が案内されたら落胆してしまうのと同じ様に、デリバリーヘルスの送迎スタッフはそういう様々なタイプの女性をお客様の元へ送迎します。

そしてデリ嬢の愚痴のはけ口となるのが、この送迎スタッフをターゲットとした様々な不満を聞かされ、大人の対応で話をそれとなく流したり、アドバイスしたり、気持ちを落ち着かせる様に意外と必死な対応をしているのが現状なんです。

デリ嬢の性格が酷いと男性客に同情したくなる

デリ嬢の性格が酷いと男性客に同情したくなる風俗に入店したのはお金を稼ぐという気持ちから素人女性が働いているのですが、顔やスタイルの問題ではなく本気で性格がやばいなって思う女性も当然いるわけで、そういう時は男性客に同情したくなる女の子だっているんです。

メンタルが逝っている子、男性客はカモだと高価なブランド品をねだる子、ブスなのに自分は可愛いと本気で勘違いしている子など、もしも自分がお客ならば絶対に出会いたくない女性は結構いるものです。

割り切って仕事をしている姿勢に問題はありませんが、裏表が激しくて何よりも自己中心的な考えの女性は、同じ店で働いている他の女性に対しても嫉妬やライバル心を燃やし続ける事が多いだけに面倒ばかり起こすのですが、経営者が入店させた女の子をフォローしない立場が送迎スタッフという仕事の一つだけに送迎中の車内は結構神経を使うんです。

男性客が虜になる女性と出逢うとお客が羨ましい

男性客が虜になる女性と出逢うとお客が羨ましいなんでこんな良い子がデリヘルで働くのだろう?と思える程の女性は、確実に予約が多く人気の高い女の子ですね。

送迎の車内でも会話が弾み、デリヘル嬢の気遣いや仕草すら本当に可愛くて仕方ありませんが、スタッフとして働いている以上はお金を払っても遊べないというルールがどこの風俗店にもあるものです。

もともとデリヘルの送迎スタッフに応募してくる男性のほとんどは、あわよくば無料で風俗嬢とエッチの一つもできるかもと下心いっぱいで応募してくる男性が多いだけに、お客様が羨ましくてたまりませんよ。

気に入った女性と車内でいろんな話になれば個人的な話や相談にのる事も多く、女性次第では『家族にもいえない辛さをこの人は全て受け止めてくれる』と、ある種の勘違い恋愛を抱くデリヘル嬢も多く、風俗スタッフはデリヘル嬢と個人的にこっそり付き合うという事もありますが、基本的に長続きしませんし、風俗嬢との別れはお店を辞めてしまう結果が多いだけに、迂闊な行動は自分の首を絞めかねない立場にあるだけに、軽率な言動を慎むのが仕事を長く続けるコツかもしれませんね。

風俗店のスタッフがデリヘル遊びをする場合

風俗店のスタッフがデリヘル遊びをする場合デリヘルの送迎スタッフをしていると、男性客のいるラブホテルや自宅へ送迎した際に付近で待機となる場合が多々ありますが、やはりそういう時間を潰す場所は限られているだけに同じ地域などの他店のスタッフも来るので、缶コーヒーの差し入れをしたりして若干ながら交流もあるのです。

つまり、自分が働いているデリヘル店は利用できない上に、最寄りの他店となるデリヘル遊びも迂闊にできません。

送迎車両もバレているし、万が一にも引き抜きだったりと在らぬ疑いはトラブルに発展する可能性もあるだけに、遊べない現実が待っています。

それでも性欲処理で個人的に楽しみたいと思った時は、ちょっと遠方のデリヘルをこっそり利用するのですが、そんな時はデリヘル情報 デリノートなどの風俗情報サイトを最大限に活用しておかないといけません。

実は自分が働くデリヘル店を辞めた女性が遠方の他店で今は働いていたなんて良くある話だけに、ちゃんと下調べをしておかないと偶然にもブッキングしたら本気で笑えないんですよw

今は関係ないと割り切っていても、以前はスタッフとして接していただけに要らぬ情報を知っています、互いに気まずい気持ちにもなりやすく、正直言ってお金の無駄になるだけなので、風俗遊びも満喫できないんです。

公開日: